火川恵斗のロジカルメモ

Youtubeで実況動画を配信しているとある男のつぶやき。夢はYoutuberとかいう中学生(25)。

剣盾S15 最終541位 レート1922 レート1900到達! チョッキカイオーガ入りヤーティ(役割論理)

f:id:HikawaKate:20210301050316p:plain

どうもフルアタ大好き論者ケイトと申します。

 

※転載自由なんで「これ僕のパーティです!」って順位詐称してもいいよ

 

禁止伝説溢れるこの環境でレート1900突破したよ。めちゃくちゃ嬉しいので久々の構築記事を書くよ。性懲りもなくヤーティですよ。

 

「ヤーティって何?」って方へ一言でヤーティを説明すると、

「素早さに振らずに技構成は全て攻撃技の清々しいパーティ」とだけ言っておきます。気になる方はwikiがあるのでそこを見てください

役割論理専用wiki https://w.atwiki.jp/yakuwarironri66/

 

はよパーティ見せろや!って声が聞こえてきたのでまずはパーティ画像をドン!

f:id:HikawaKate:20210301005051j:plain

最終的にはこの並びでした。ここに至るまで色々変えてはいました。

とりあえず個別にポケモン(ヤケモン)の解説に行くぞ。

f:id:HikawaKate:20210301010530j:plain
カイオーガ@とつげきチョッキ

性格:れいせい HP・とくこう252振り、余りとくぼう

技 こんげんのはどう かみなり ふぶき じしん

 

オガタて。

f:id:HikawaKate:20210301011130j:plain

実際「サンキュー!」な場面は何度もあった。

 

今回の軸となるヤケモン(?)謎に色違いですがサファリボールで取ろうと思ったらたまたま出た。(しかも性格れいせいで出た)そこに運命を感じてヤイオーガで行こうと思ったといっても過言ではない。ピンクオーガかわいい

まずカイオーガにチョッキを持たせようとした経緯について軽く触れると、

・シーズン中盤~カイオーガ入り構築が増えてきた

・正直受けるの無理、ちょすいガマゲロゲとかいるけどピンポイント過ぎてうーん

・あれ?カイオーガD140もあんの?水技に受け出せるんじゃね?

・チョッキ着たら普通に行けるわ

・あれ?なんかついでにイベルタルやらサンダーも倒せね?てか特殊全員倒せるんじゃね?

・引くほど固くて気持ちいい~やめらんねえ~

 

て感じ。

主な役割対象

f:id:HikawaKate:20210301013434p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013432p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013430p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013423p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013425p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013427p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013419p:plain

 

だいたい水が等倍以上で入る特殊ほぼ全員に有利。

 

水タイプのくせにサンダーがもはやカモになってるのがあたおか。

HD輝石ポリゴン2より硬いって話。は?

基本的にその圧倒的特殊耐久で特殊ポケモンに繰り出し、相手の交代際に一貫性の高めな水技で攻めていく立ち回りが基本。

とにかく数値が異常なのでダイマックスした特殊ポケモンへの時間稼ぎもできる。

展開例

・スカーフカイオーガしおふきに繰り出し、かみなりを読んで逃げてきた引き先を水技で倒す

・サンダーのダイジェットに繰り出し、ダイマ切り返しダイストリーム×2で突破

 

ムゲンダイナ+メタモンにかなり強いのも評価点で、

ダイマックスほうに繰り出し、ダイアイスでダイナ突破、変身したメタモンかみなり耐え→ダイサンダーで撃破

なんとここまでできてしまう。HPが低くチョッキも使えない偽物とかもはや敵ではない。

バンギラスと似た役割対象を持ち、バンギがいないと正直不安だったがこいつがいるとヤーティにバンギがいなくてもある程度安心できた。結局最後はバンギ入れたけど

 

技については高火力有能技のこんげんのはどう、補完の効くふぶきかみなりは確定。

残り一枠はじしんげんしのちからかわらわりで入れ替えて使っていた。

ラプラスに繰り出してダイマを枯らしつつ壁を割れるかわらわりヌケニンにしか撃たないげんしのちからと比べると、(ほぼいないけど)ランターンや、ダイアースでとくぼうを上げてディアルガホワイトキュレムなどにも勝てる可能性が広がるじしんが無難に強かった。一部のチョッキ勢に最高打点となりえるのもGood。

 

カイオーガしおふきは大体50ダメージくらいで抑えてくれます

サンダーに強いくせにホウオウに弱い

f:id:HikawaKate:20210301010543j:plain

マッシブーン@ゴツゴツメット

性格:いじっぱり HP・こうげき252振り、余りぼうぎょ

技 インファイト ダブルウイング れいとうパンチ とびかかる

 

主な役割対象

f:id:HikawaKate:20210301021246p:plain
f:id:HikawaKate:20210301021243p:plain
f:id:HikawaKate:20210301021258p:plain
f:id:HikawaKate:20210301021255p:plain
f:id:HikawaKate:20210301021249p:plain

 

全反射筋肉熊狩りマシーン。

とりあえずウーラオス見たら入れとけ!

特殊担当がカイオーガなら、物理担当はコイツ。見事にカイオーガの苦手な物理勢を受けて処理できるので、よくこの二匹で数値受け筋肉のデュエットを奏でていた。

ウーラオスが初手だと思っても基本初手ではなく裏に置いておき、あんこくきょうだだのインファイトだのを打ってくるタイミングで交代し、ゴツメを入れておくことでタスキの線を潰しておくと先の展開が楽になる。カイオーガ入りに先発で出てくる時点で大体タスキかスカーフ持ちなので、初手カイオーガ投げとけばカイオーガの恐ろしい圧力により自動的に全反射筋肉に吸い取られてゆく。

サンダーを受け出されることが多いが交代際にれいとうパンチをぶち込んでおき、はねやすめダイジェットのタイミングでカイオーガバンギラスに交代すれば楽に処理できる。

特性のビーストブーストは敵を倒すとこうげきが上がる。そのおかげで交代強制力が高く、サイクル戦を展開しやすくさせてくれる神ポコ。

 

技については候補が多いが、一致最高打点のインファイト、交代先に刺さりやすいれいとうパンチは確定。

じしんアイアンヘッドストーンエッジも捨てがたいが、カイオーガに強めな禁止伝説である白バドレックスに一致で弱点をつけたり、ゴリランダーを一撃で倒せる、さらにこうげきダウンの効果で後続のサポートも可能なとびかかるは非常に使い勝手が良かった。

ダブルウイングは正直素早さ上げる目的でダイジェットしたくなってそれが負けにつながる可能性もあるのでなくてもいいと思う。

割とどうでもいいがカイオーガと同速。カイオーガに化けたメタモンに5割で先手をとれるからカイオーガのSあと1下がれよ!とか思ってたが大体スカーフだしそんなシーンは一度もなかった。S1下げるために厳選なんてし直すわけないだろ!

f:id:HikawaKate:20210301010621j:plain

ボーマンダ@こだわりメガネ

性格:ひかえめ ぼうぎょ・とくこう252振り、余りHP

技 りゅうせいぐん ぼうふう ハイドロポンプ だいもんじ

 

主な役割対象

f:id:HikawaKate:20210301024544p:plain
f:id:HikawaKate:20210301024525p:plain
f:id:HikawaKate:20210301021255p:plain
f:id:HikawaKate:20210301021258p:plain
f:id:HikawaKate:20210301021243p:plain
f:id:HikawaKate:20210301024522p:plain
f:id:HikawaKate:20210301024532p:plain
f:id:HikawaKate:20210301024535p:plain

威嚇ばらまきマン(ダ)。

ランドロスにかなり強いのでランドを見たら選出欲がかなり高まる。

マッシブーンと同じく草を1/4で受けられて、しかも雨が降っているとだとぼうふうが必中になり水技であるハイドロポンプの威力が強化される。やはりカイオーガと相性が良い。

エースバーンに強いのはかなり評価が高いが、カイオーガが大体スカーフと思われてるせいかあまりエースバーンが出てくることがなく、エースバーン入りに選出しないこともけっこうあった。

日食ネクロズマは後出しから倒せるほど有利ではないが、ソルガレオメタグロスなどと違っていかくが通るので、火力を削りながらダイマを枯らし、カイオーガガラガラで一方的にダイマを切って倒すなどの立ち回りが多かったことから、有利欄に入れさせていただいた。

エースバーンが最強だった鎧の孤島後期に比べると出番はかなり減っていたが、いかくが強すぎるのでやはり使い勝手は抜群だった。

地味にウオノラゴンに強いのもいい

技についてだが、タイプ一致技のぼうふうりゅうせいぐんランドロスなどに強く雨を活かせるハイドロポンプは確定。だいもんじはあまり使わなかったのでチョッキが多いバンギラスに刺さり、一応壁も割れるかわらわりでもいいと思った。でも性格れいせいにして素早さ下げるのはなー…と思って結局試してない。ヤーティとはいえすばやさは大事だからね。

f:id:HikawaKate:20210301010613j:plain

ガラガラ(アローラ)@ふといホネ

性格:いじっぱり HP・こうげき252振り、余りとくぼう

技 フレアドライブ ポルターガイスト ホネブーメラン かわらわり

 

主な役割対象

f:id:HikawaKate:20210301032117p:plain
f:id:HikawaKate:20210301032128p:plain
f:id:HikawaKate:20210301032121p:plain
f:id:HikawaKate:20210301021249p:plain

環境に愛された犬狩り様。

ザシアンに強いってだけで入れる価値はかなり高い。正直環境後期はザシザシアンアン

かなり減ったけど。

よくいるラプラス+ザシアン+ウーラオスとかにカプ・ブルルマッシブーンと組み合わせて処理していた。

とくせいにより電気無効+タイプで草半減なためしっかりカイオーガとの相性も良い。カイオーガが雨を降らしてしまうため炎技が半減してしますが、ザシアンには別で通るホネブーメランがあるのできついと思うことはほぼなかった。

かわらわりが非常に便利で、レジエレキアローラキュウコンクレッフィオーロンゲなどの壁貼り勢に元々かなり有利(オーロンゲも悪技切ってることが多い)ため、付け焼刃的にかわらわり搭載してるやつらカイオーガやん)と違ってしっかり打つ機会がある。ダイナックルもしっかり生かせるし。しかも壁の後ろによくいるゼルネアスにも強めっていうね。

ゼルネアスジオコントロールされているとHP満タンでダイマしてもダイフェアリー2発で負けてしまうが、ダイアースでとくぼうを上げてからダイホロウを撃つと2発入れることができる。ジオコントロールする際にある程度のダメージを与えておけば、もし起点にされても死に出しからの処理は可能。

 

技についてだが、ポルターガイストシャドーボーンにするかくらいで他は正直変える要素がない。交代先によりダメージが与えられるのとダイホロウの威力が高いという点でポルターガイストにした。

キュレムホウオウに強くなるストーンエッジが欲しいと思うこともあったが、他の技の優先度が高すぎるため採用せず。

f:id:HikawaKate:20210301010626j:plain

カプ・ブルル@こだわりハチマキ

性格:いじっぱり HP・こうげき252振り、余りとくぼう

技 ウッドハンマー ウッドホーン ストーンエッジ インファイト

主な役割対象

f:id:HikawaKate:20210301021246p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013430p:plain
f:id:HikawaKate:20210301024522p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013419p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202623p:plain

ほぼTE〇GA。(心なしか形も似てる)

ハチマキ+グラスフィールド+ウッドハンマーの火力はあたおか。覚えるサブウエポンも絶妙に相性補完が良い。

超火力ウッドハンマーで気持ちよくなるか交代読みorヤンキー居座りストーンエッジで気持ちよくなれる。中毒性がヤバい。

特にラプラス+ザシアンなどで初手に出てくるラプラスダイマ切るだけ切らせて一撃で吹き飛ばすのは最高に気持ちいい。

サンダーイベルタルに受け出されやすいが、そこに交代読みのストーンエッジ脳汁大洪水!!パシャパシャ☆

そのピーキーすぎる性能により、交代読みをいかにできるかで真価を発揮するので、安定思考なプレイヤーには絶対向いてない。常にリスクと向き合うガッツが使いこなすカギ。

例によって電気と草に耐性を持っておりまたまたカイオーガと相性が良い。

毒技を持たないウーラオスにかなり強いのも魅力。

この枠はナットレイと入れ替えたりしていたが、カイオーガ意識で急増したガマゲロゲの地面技に出せる、サンダーへの打点がないなどの理由でこっちにした。ハチマキナットもナットも気持ちいいよね。

f:id:HikawaKate:20210301010603j:plain

バンギラス@たつじんのおび

性格:いじっぱり HP・こうげき252振り、余りぼうぎょ

技 ストーンエッジ かみくだく じしん ばかぢから

主な役割対象

f:id:HikawaKate:20210301013423p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013432p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013427p:plain
f:id:HikawaKate:20210301013434p:plain
f:id:HikawaKate:20200602201826p:plain
f:id:HikawaKate:20210301041232p:plain
f:id:HikawaKate:20210301041235p:plain

伝説キラー。

多くの禁止伝説に強く、使用率一位のサンダーにも強いので結局最強ヤケモンです。

なんとトータルの使用率も4位という大出世ぶり。

カイオーガを入れた理由の一つがバンギ離れがしたいだったため、一時期パーティから外れていてこの枠はランドロスだったのだが、下記の理由により復活。

カイオーガと役割が被るがバンギラスがいないとカイオーガの選出が必須になりカイオーガの役割対象以外の相手とカイオーガをぶつけると一瞬で負けにつながるためプレイングが非常にシビアになる

カイオーガはクソ強いが非役割対象が相手だと引かざるを得なくなる

カイオーガは強すぎて相手に徹底的にマークされるため、カイオーガ入れたくないのに無理やりカイオーガ選出させられてメタられまくるのがとんでもないストレス

・そこでカイオーガの裏にバンギラス(逆もアリ)を入れることで役割をガッツリ強化、カイオーガをある程度雑に使っても余裕のできる立ち回りができる状況を作った

・ついでに雨→砂の切り替えでターンをリセットできたりする

特に2つ目に挙げた点が大きく、カイオーガが攻撃技を撃たずに敵前逃亡するパターンがもうどうしようもなく弱い。

黒バドレックスとかいるパーティにカイオーガ半分削れたら負け確定だかんね。

役割論理において、「役割を被せる」ということはかなり重要なことだと実感した。

 

最後に技について。 一致技かつ遂行技ののストーンエッジかみくだくは確定。

じしんムゲンダイナウツロイドなどに刺さるしダイアースでのとくぼう強化が優秀。ばかぢからは呼ぶウーラオスに交代際にぶち込んで気持ちよくなったり、あんこくきょうだで突っ張ってくるのを返り討ちにできるので良かった。カイオーガが増えた環境終盤ではナットレイが特殊に厚くなりだしたので、削りやすくなったのも好印象。

積んでくるランドロスふぶきが欲しかったが、ランドはボーマンダカイオーガである程度見れるので切った。(前述したとおり役割を被せることでランドロスカイオーガを当てやすくなっている)

 

 

個別紹介だけで大体書きたいことは書ききれてしまった。

ここまで書いててひとつだけ言えるのは、

お前どんだけウーラオス対策すんねん

ってことですわ。あらゆるルートでウーラオス(タスキ込み)を倒せるようになってるんですけど、これは皆さんで考えてみてください。これも役割を被せることですね。

 

最後まで見ていただきありがとうございました!!Youtubeチャンネルでもカイオーガの雄姿を拝めるのでよかったら見てみてくださいー

www.youtube.com

 

それではまたー

ポケモンも1シーズン終わり一区切りできたのでシンボリルドルフの育成に集中できるぞ

FE風花雪月 闇魔法縛り 開始!!

おはヒューベルト。けいとです。

 

新しい動画企画が動き出したので紹介しますね

 

タイトルは、ファイアーエムブレム風花雪月。

これの縛りプレイ動画です。

 

その名も、

 

闇魔法縛り!!

 

 

 

はい、「闇」魔法縛りです。ちょっとカッコつけて闇縛りとでも呼びますか。

 

このゲームには魔法っていう攻撃手段がありますが、その中でも使用者の限られる闇魔法のみでクリアしてしまおうという企画です。

 

一回の戦闘で使える数が限られているので、いかに魔法を節約して突破するか、がカギになりそうですね。

あと闇魔法を使えるクラスになるアイテムが4つ入手できるんですが、これの使い所も重要かなと。

 

第一回はこちらから。

https://m.youtube.com/watch?v=Wk52yaC9eQM

動画の感想とか教えてもらえたら嬉しい。

 

動画で解説しきれなかった進捗情報や裏話はこのブログでも紹介していこうと思います。

 

それでは、おつヒューベルトー

【剣盾S9 500勝達成】最終レート1944 最高115位 最終553位 ロズレorウーラ サイクル崩壊ヤーティ(役割論理)

f:id:HikawaKate:20200901013202p:plain

↑連撃ウーラオスは画像なかったからニョロボンで代用…詐欺かな?

 

どうも。火川恵斗と申す者でございます。みなさん剣盾シーズン9お疲れ様でした。Youtubeの生放送の企画で、

役割論理で500勝する

というバカげた企画を思いつき、見事達成したヤーティを記念に紹介します。

 

f:id:HikawaKate:20200901044701p:plain

↑500勝達成当時の瞬間。

f:id:HikawaKate:20200901014030p:plain

↑使用ヤーティ。200勝いったくらい~ずっとこの構築だった。

役割論理とは、圧倒的な火力と耐久、技範囲でサイクル戦を制する戦術です。ネタ的にも強さ的にもガチなのでぜひとも皆さんに使っていただきたい。

役割論理に興味が出た方はこちらも参考に。詳しく書いてあります。

役割論理専用wiki【8/31更新】 - アットウィキ

 

ポケモン紹介

f:id:HikawaKate:20200602031701p:plain

バンギラス@たつじんのおび

特性:すなおこし

性格:ゆうかん

 

実数値:207(252)-204(252)-131(4)-115-120-72

 

技:ストーンエッジ かみくだく ばかぢから ふぶき

選出基準(こいつらがいると出しやすい)

f:id:HikawaKate:20200602201826p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202059p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202329p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202318p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202502p:plain
f:id:HikawaKate:20200901041723p:plain

攻めの軸となるウーラオスロズレイドの苦手なトゲキッスやドラパルト等に強く出られるため選出率はかなり高かった。ダイナックルがあるのでポリゴン2ともある程度戦っていける。

最初は物理一本でロックブラストを採用していたがゴリランダーがパーティ単位で重たかったためふぶきにしたら思いのほか刺さりまくって一気に活躍の幅が広がった。ついでにパッチラゴンやカバルドンへの有効打、ミミッキュのアッキのみを起動させずに皮を剥くなどふぶきのメリットはガチで大きい。両刀にするとS61族で素早さに下降補正がかかってしまうのでアシレーヌジバコイルポリゴン2などの60族に確定で抜かれてしまうが、奴らは勝手にバンギ抜き調整してるので特に気になることはなく、逆に割り切ったプレイができてよかった。

 

f:id:HikawaKate:20200602033436p:plain

ギャラドス@ゴツゴツメット

特性:いかく

性格:いじっぱり

 

実数値:201(244)-194(252)-101(12)-64-120-101

 

技:アクアテール ストーンエッジ アイアンテール パワーウィップ

 

選出基準ポケモン

f:id:HikawaKate:20200602202318p:plain
f:id:HikawaKate:20200602201926p:plain
f:id:HikawaKate:20200602201920p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202632p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202747p:plain

 

相も変わらず過労死担当。エースバーン入りにはほとんど選出していた。つまり選出率は1位。

アクアテールはタイプ一致かつ最大打点、エッジは一貫性も高くギャラドス等に刺さるし、パワーウィップアシレーヌや水ロトム、連撃ウーラオスに。

もう一つの技枠はアイアンテールだが、どうしてもバンギラスの選出が多く、ドサイドンが選出しづらいためダイスチルで対ミミッキュにもなり大活躍した。

スチル→ストリームでステロを貼られていてもダイナックルを撃った珠エースバーンに死に出しから勝てる点もでかい。

しかし命中安定だしクソほど重かったジバコイルに強いじしんが欲しくてたまらなかった。技スぺ最低でも12個ください。

f:id:HikawaKate:20200901023553p:plain

トゲキッス@いのちのたま

特性:てんのめぐみ

性格:ひかえめ

 

実数値:192(252)-49-115-189(252)-136(4)-100

 

技:エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ げんしのちから

 選出基準ポケモン

 

f:id:HikawaKate:20200901030552p:plain
f:id:HikawaKate:20200901030501p:plain
f:id:HikawaKate:20200901030318p:plain
f:id:HikawaKate:20200602201826p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202422p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202435p:plain

役割論理の必要悪担当。


ダイジェットで大逆転、エアスラひるみで無限の勝ち筋。

このヤーティではゴリランダーに唯一安定して勝てる。そして唯一の炎技持ちなのでナットレイやアーマーガア入りにはよく出していた。しかし選出率は低め。

げんしのちからはくさむすびと迷ったがメガネがないとカバルドン1発が厳しく、ダイロックの砂効果でウーラオスなどのタスキをはがせるのが素晴らしかったので結局げんしのちからに。つっ追加効果に引かれたわけではありません。決して…決して…

f:id:HikawaKate:20200602034446p:plain

ドサイドン@やわらかいすな

特性:ハードロック

性格:いじっぱり

 

実数値:191(4)-211(252)-182(252)-67-75-60

 

技:ストーンエッジ ロックブラスト じしん ヘビーボンバー

 選出基準ポケモン

f:id:HikawaKate:20200602201926p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202747p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202824p:plain
f:id:HikawaKate:20200901030815p:plain

ハードロックなイケメン先生。

 

よくいるエスバミミの並び両方を相手できる。パッチラゴンには最も安定。しかしシーズン後半になるにつれて特殊技搭載のパッチラゴンが増え、水タイプや草タイプに4倍弱点を突かれるため、選出で腐りがちだったのが痛い。しかし圧倒的な物理耐久+ダイスチルでカチカチになった先生は物理アタッカーでは誰にも止められない。

エースバーンに対してはジェットに繰り出し→スチル+アースで後出し処理。ミミッキュは剣の舞に繰り出しから勝てるがダイマのタイミング次第ではダイウォールでダイマを枯らされて負けるのでなかなかしんどかった。

ロックブラストは身代わり対策だが、そこまで使わなかったので炎技や格闘技でもよいかと思う。

f:id:HikawaKate:20200602023930p:plain

ロズレイド@こだわりメガネ

特性:しぜんかいふく

性格:ひかえめ

 

実数値:167(252)-67-85-194-126(4)-110

 

技:リーフストーム ヘドロばくだん じんつうりき シャドーボール

 選出基準ポケモン

f:id:HikawaKate:20200901030501p:plain
f:id:HikawaKate:20200901030552p:plain
f:id:HikawaKate:20200901040423p:plain
f:id:HikawaKate:20200901030318p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202724p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202632p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202403p:plain

攻めの要。エースバーンに弱いがエースバーンのおかげで天敵のアーマーガアやナットレイが減ったのでじつはエースバーンに生かされている。

ロトムなど、有利な相手にはとことん有利なので交代を誘いやすい。交代で出てきたエースバーンをヘドロばくだんでぶっ飛ばすのが気持ちよすぎた。C125+メガネはさすがに強く、下手にH振りだけのポリゴン2なども後出しを許さない。

耐久が基本的になめられているのでドラパルトやトゲキッスなどが突っ込んできがちだが返り討ちにできる。

水+格闘+電気が多い連撃ウーラオスには後出しから処理が可能、A252一撃ウーラオスのあんこくきょうだは18%の乱数なので、どっちが出てきても相手できるのは強み。タスキも毒引けば潰せる。

ヘド爆の毒率は体感100%。まごうことなき相棒ポケでした。

f:id:HikawaKate:20200901034401p:plain

 

ウーラオス(れんげきのかた)@こだわりハチマキ

特性:ふかしのこぶし

性格:いじっぱり

 

実数値:207(252)-200(252)-121(4)-74-80-117

 

技:すいりゅうれんだ インファイト れいとうパンチ かみなりパンチ

 選出基準ポケモン

f:id:HikawaKate:20200901030501p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202747p:plain
f:id:HikawaKate:20200901041723p:plain
f:id:HikawaKate:20200901030318p:plain
f:id:HikawaKate:20200901041840p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202724p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202623p:plain
f:id:HikawaKate:20200602202329p:plain
f:id:HikawaKate:20200602201920p:plain

タスキに身を隠し超火力を叩き込む攻めの要その2。

先発で出てきやすいエースバーンに合わせて先発で出しておくと、タスキカウンターを嫌ってか勝手に交代してくれるので交代読みし放題だった。基本はすいりゅうれんだでいいが、裏で出てきがちなドラパルトやゴリランダーへのれいとうパンチ、すいりゅう読みで出てくるナットレイへのインファイトなど、裏をいかに読むかが重要。裏オス。

バンギと組ませたときにトゲキッスと出くわすとフェアリー一貫がしんどいが、実はマジカルシャインなら乱数で耐えるのですいりゅうれんだで返り討ちにできることも。大体エアスラが来るので怯んだら終わりだが。

れいとうパンチは呼ぶドラパルトがドヤ顔で舞ってきたりするので先出くわしたらとりあえず撃っていた。仮に特殊型でも珠10万くらいならふつうに耐える。

ジバコイルがパーティ単位で重いが、耐久に振ってないジバコイルならハチマキすいりゅうで頑丈ごとぶち抜ける。打つときはいつもお祈りしてた。

基本選出

先発ウーラオスorロズレイド+ギャラドスorトゲキッス+バンギラスorドサイドン

 

ロズレイドorウーラオスは役割対象の有無や、ヘドロばくだんとすいりゅうれんだ、インファイトの通りがよさそうな方を選出

エースバーン入りにはウーラオス先発多め。

受けよりの構築にはウーラオス+ロズレイド同時選出もアリ。

 

立ち回り

基本的にはロズレイドかウーラオスで有利対面を作り、交代時に超火力を叩きつけて相手のサイクルを崩していく。

役割論理ではあるが2匹で有利対面を作ったときのアドがヤバすぎるので交代読み交代は積極的に行っていった。

例)エースバーンにギャラドスを繰り出し、エースバーン→水ロトムに合わせてロズレイドを交代読み交代、エースバーンが戻ってくるところにヘドロばくだんでエースバーン撃破、など

感想

実は高順位で結果を出せないから、配信者的に何がウケるかなと思って始めた500勝企画だったのだが、さすがに900戦もすれば練度も上がるわけで、富良野は寒いわけで、お前が好きなわけで、役割論理の良さをちょびっとでもわかってもらいたいわけで、最終結果としては目標であった3桁順位を達成できた。

次回シーズンからルール変更で多くのポケモンが出禁となり、スタンダートなレギュレーションで対戦できるのはしばらくなくなりそうだが、そんな中満足いく結果を出せて本当にうれしかった。良かったらYoutubeチャンネルで僕の500勝の軌跡を追ってくれたらなと思う。次は1000勝?

 

もし気に入っていただけたらチャンネル登録、Goodボタンお願いします!

www.youtube.com

剣盾S6 最高851位 最終2337位 ヤズレヤュラルヤーティ(役割論理)

f:id:HikawaKate:20200601204209p:plain

どうも。火川恵斗と申す者でございます。ポケモン剣盾のランクバトルもシーズン6が終了しましたね。僕自身も参加し、自己ベスト順位を更新しつつ自信のある構築ができましたので記念の意も込めて紹介していきたいと思います。

f:id:HikawaKate:20200601180527j:plain

 

ナット〇ねて。どんだけ嫌いなんだこいつ

 

わかる人にはわかると思うんですが、これはヤーティ(役割論理)です。役割論理とは何か。説明すると結構長くなってしまうので簡単に言うと、

全員が攻撃に特化してオラオラ殴りまくるサイクルパーティです。もちろんそれだけではないのでもしこの記事を見て興味を持っていただけたら、

役割論理専用wiki - アットウィキ

こちらを読んでいただくとより詳しくわかると思います。

 

とりあえず全ポケモンの特徴として

・高火力、技範囲が広い

・耐性、耐久が高い

・攻撃orとくこうに最大限振る

・S(素早さ)には振らない

・補助技は一切採用しない(一部例外あり、詳しくは後述)

 

ここだけ押さえてもらえたら大丈夫です。

 

ポケモン紹介

さて、前置きはここまでにしてまずは採用ポケモンを単体で紹介していきましょうか。

 

 

f:id:HikawaKate:20200602023930p:plain

 ロズレイド@こだわりメガネ

特性:しぜんかいふく

性格:ひかえめ

実数値:167(252)-67-85-194(252↑)-126(4)-110

技:リーフストーム ヘドロばくだん マジカルシャイン シャドーボール

 

このヤーティのコンセプト。実は現環境草特殊最大火力をもつ。役割対象はアシレーヌや水ロトム等の水ポケモンや、カバルドン等受け寄りの地面タイプあたり。役割対象に対面させたら自慢の高火力で交代先ごと吹き飛ばす。ヘドロばくだんでもパッチラゴン程度の耐久なら一撃で落ちるすげえ火力。とくせいのしぜんかいふくであくびを受けても構わず突っ込めるので繰り出してきたカビゴン等も強引に突破可能。天敵はアーマーガアとナットレイ等鋼勢。

選出率4位。ダイマ率4位。

f:id:HikawaKate:20200602025638p:plain

ジュラルドン@いのちのたま

特性:ライトメタル

性格:ひかえめ

実数値:177(252)-90-126(4)-189(252↑)-70-105

 

技:りゅうせいぐん ラスターカノン かみなり あくのはどう

 

とにかくダイマックスが強い。ロズレイド入りを研究していた際意外と相性が良いことに気づき、パーティに入れてからは大活躍の連続だった。ロズレイドの苦手な物理ダイジェット勢やアーマーガアに強く、ロズレイドでこれらを釣り出して駆逐する。

対面性能も優秀で、突っ込んでくるヒヒダルマやドラパルトにダイマックスで応戦して狩ることもそれなりにあった。ミミッキュともある程度戦え、シーズン後半に増えたアッキ持ちは剣の舞に繰り出しても狩れる。

 選出率3位。ダイマ率2位。

f:id:HikawaKate:20200602031701p:plain

バンギラス@たつじんのおび
特性:すなおこし
性格:ゆうかん
実数値:207(252)-204(252↑)-130-105-121(4)-73
技:ストーンエッジ かみくだく ばかぢから だいもんじ

 

間違いなく最強ヤケモン。弱点が多いくせに化け物じみたステータスで多くの敵をなぎ倒す。特に対ドラパルト、トゲキッス性能が高く、この2体がいるときは必ず選出。

だいもんじは主にロズレイドの苦手なナットレイに。ナットはオッカ持ちが増えて後半はボディプレスで狩られることもよくあったので他のポケモンでサイクルを回してたべのこしでなければオッカを警戒するようにしていた。

選出率1位、ダイマ率1位。

f:id:HikawaKate:20200602033436p:plain

ギャラドス@ゴツゴツメット
特性:いかく
性格:いじっぱり
実数値:171(4)-194(252↑)-131(252)-×-120-101
技:アクアテール じしん ストーンエッジ パワーウィップ

 

過労死担当。剣盾環境でもいつもお疲れさまです。

ヒヒダルマ入りには基本コイツが先発。B振りなので相手がハチマキだとしても(エッジさえ当てたら)楽に対処できる。エッジが決まったらめいっぱい褒めよう。単純にいかくをばらまくだけでも強く、このヤーティでは唯一ドリュウズに後出し安定するヤケモン。技スぺ8個ください。

選出率2位、ダイマ率3位。

f:id:HikawaKate:20200602034446p:plain

ドサイドン@こだわりハチマキ
特性:ハードロック
性格:いじっぱり
実数値:191(4)-211(252↑)-182(252)-×-75-60
技:ストーンエッジ ロックブラスト じしん アイアンテール

 

ミミッキュ狩りマシーン。非ダイマ時同士でもロクブラ4発当てれば1ターンで倒せる。

基本的に技範囲や耐性上バンギと仕事が被るので物理耐久に寄せている。

ハチマキの恩恵はすさまじく、じしんはHBナットレイでも受からない。

選出率5位、ダイマ率5位。

f:id:HikawaKate:20200602035447p:plain

ニンフィア@せいれいプレート
特性:フェアリースキン
性格:ひかえめ
実数値:202(252)-76-85-178(252)-151(4)-80
技:ハイパーボイス マジカルフレイム サイコショック ねごと

 

The・見せポケ。ほとんど選出しない。ドラゴンはほとんどドラパルトしかいないので対竜はバンギラスで事足りることが多く、サザンドラもぶっちゃけばかぢからでなんとかなる。あまりなかったがネギガナイトやローブシン等重たい格闘ポケモンがいるときは選出していた。こいつが控えているだけで相手は安易にドラゴン技を打てなくなるので、主に選出段階で相手にプレッシャーを与えるのが仕事だった。ちなみにねごとは補助技だが、役割論理で唯一許されている補助技である。

選出率6位、ダイマ率6位。

 

選出、立ち回り

 

役割論理は交代戦を前提とした戦術であり、いかに有利対面を作って相手を引かせ、交代先に刺さる技を打ち込むかが勝利の鍵となります。

例えばロズレイドであれば、水ロトムハイドロポンプに繰り出した後、草技を読んで交代してきたドラパルトにシャドーボールを当てる等、常に目の前の対面ではなく「後ろを見る」ことが重要になってきます。選出段階では相手のパーティを見てどの対面が相手にとって厳しい対面かということを意識して選出、実際の試合では如何にしてその理想的な対面にもっていくかを意識して立ち回りました。

そのためには、特定の相手の攻撃を何回耐えられるかというダメージ感覚を知っていると便利です。

採用上位ポケモン対策

 

ここでは使用率上位のポケモンをどうやって倒していくかを自分の経験談を交えて紹介していきたいと思います。

 

f:id:HikawaKate:20200602201826p:plainドラパルト

型が多すぎて全てを対策するのは不可能。基本的にはじゃくてんほけんor珠のアタッカーと思っておくようにしました。

 

うまくバンギラスと対面させてダイアークで倒すのが一番楽です。ダイマックスを切れない場合は交代でダイマックスを上手く枯らしてからかみくだくで倒していきます。あるいはジュラルドンでダイドラグーンすれば楽に処理できます。相手が物理一本ならダイマックスなしでも処理可能。ニンフィアはあまり選出しませんが珠ダイホロウ(物理)以外は耐えて反撃可能です。

持ち物なしドラゴンアローくらいなら耐えるのでロズレイドで倒せることもありました。

 

f:id:HikawaKate:20200602201926p:plainミミッキュ

とくせいでズルする皮野郎。ドサイドンがいれば安定。いない場合は大体ジュラルドンで倒していました。ドサイなら珠持ちだろうと剣の舞に繰り出してダイスチルで楽勝です。ギャラのいかくでAを下げておきロズレイドのダイホロウで突破するというのも一応可能です。最近タラプ持ち+ドレインパンチが増えたおかげで舞われてもダイマ枯らしてからロズレイドのシャドボで勝てたり、ジュラルドンの後出しが安定したりとそこまで困ることはありませんでした。

ただサイクル戦の中消耗しすぎてしまうと普通に3タテ食らうのでそこは注意です。

 

f:id:HikawaKate:20200602201920p:plainドリュウズ

パーティ的にギャラドス以外に地面が通りやすく、重たい1匹です。じしん撃ってくるタイミングでギャラに引き突破するのが基本ですがかなりの確率で交代読みの岩技が飛んできます。

ロズレイドバンギラスであればじしんを一発は耐えるので、一旦交代読みを読んで居座りダメージを与えた後、ギャラドスがいないと思わせてじしんを撃たせたところにギャラドスを出すなどうまく読み当てないと被害が大きくなってしまいます。

 

f:id:HikawaKate:20200602202059p:plainトゲキッス

あまり対処には困らなかったイメージ。大体初手はわるだくみかダイジェット撃ってくるのでバンギラスに引いてダイロックすれば楽に突破できます。

一応ドサイドンでも処理できますがそこそこ草技持ちがいる上、通常時だとダイフェアリーでも一発で落ちてしまうので不安定。

ロズレイド対面だと毒技の存在でプレッシャーがかかるためダイジェットを撃たせやすいのでそこに合わせてバンギラス引きなどがよく決まりました。一応ダイマックス1対1ならギャラドスのダイストリーム+ダイロックでも勝てます。

 

f:id:HikawaKate:20200602202133p:plainカビゴン

耐久お化け。一見厳しそうに見えますが特殊耐久に謎の信頼があるのでロズレイド相手に繰り出してきたりしてきます。しぜんかいふくもバレづらくあくびを撃たれることも多々。リーフストームヘドロばくだん連打で押し切れることも。基本的にはバンギラスのダイナックルで倒すのが安定します。意外と不利対面が少ないので苦戦するイメージは少なかったです。

 

f:id:HikawaKate:20200602202318p:plainギャラドス

ダイジェッター。最近は一周回っていかく持ちが増えた。ジュラルドンがいれば大体なんとかなります。死に出しならギャラドスでも対応可能。ギャラドスとジュラルドンはよくセットで選出するのでそのついでで大体処理できていました。対面ダイマなら一応バンギラスでも勝てます。

 

f:id:HikawaKate:20200602202403p:plainロトム

ロズレイドの役割対象ですがかなりきつい相手。不利対面でロズレイドに引くとボルトチェンジで対面操作されて試合をコントロールされて試合終了パターンはよくありました。いったんドサイドンをかませるなどして上手くハイドロポンプや鬼火に合わせてロズレイドを繰り出していくのがポイントになります。ロズレイドがいない場合ダイマバンギやジュラルドンで無理やり突破するしかないです。

 

f:id:HikawaKate:20200602202422p:plainナットレイ

突然鬼のように数を増やした耐久ポケモンバンギラスだいもんじを搭載させた元凶。やどりぎまもるで回復しながらこちらのHPを削ってくる厄介極まりないポケモンです。こいつがいる場合高確率でロズレイドに後投げしてきます。交代読みでシャドーボールを当てて少しでも削っておきたいです。ちなみに持ち物が食べ残しでない場合はオッカのみの可能性が高いので他のポケモンで6割程度まで削ってからバンギラスのばかぢからで倒します。一応パワーウィップ程度なら耐えるのでドサイドンのハチマキじしん2発でも勝てます。

 

f:id:HikawaKate:20200602202435p:plainアーマーガア

受けポケガラル代表。弱点が少ないうえに再生技まで覚え、積みアタッカーもこなすヤバいカラス。基本的にジュラルドン以外では倒せません。ボディプレスがない個体であればバンギラスでも一応倒せます。ロズレイドドサイドンがこいつを呼ぶのでうまく釣り出してジュラルドンの火力を押し付けていくことを意識していました。

 

f:id:HikawaKate:20200602202502p:plainロトム

ロトムほどではないが結構厳しい相手。基本的にはバンギラスで倒しますが、大体ボルチェンで逃げたり鬼火で火力を削られるのでなかなか面倒です。ロズレイドで対面したときはオーバーヒートが怖いですが、基本ヘドロばくだんを選択していました。バンギラス意識で鬼火やボルトチェンジを交代読みで撃ってくることが多かったのでその隙にそのまま倒せることも。

 

f:id:HikawaKate:20200602202537p:plainヒヒダルマ

火力ゴリラ。不利対面を作った瞬間に誰かが犠牲になります。ハチマキとスカーフの比率は体感半々くらいです。基本的にハチマキだと思って動いていました。コイツが有利対面を作るとこちらが壊滅するのでギャラドスを基本初手に出していました。B振りギャラならいかく込みでハチマキつららおとしを耐えられます。ハチマキ持ちは倒せると思って突っ込んでくることが多いですがとんぼがえりで逃げてくることもあります。その場合ほかの対面でもいつヒヒダルマが出てきてもいいように技を撃つことを意識していました。ギャラが削れて倒せなくなってしまっていた場合はジュラルドンのダイマックスで対応していました。

 

f:id:HikawaKate:20200602202329p:plainラプラス

攻撃しながら壁を貼るやべーやつ。基本受けが成立しません。氷技に繰り出せるのはバンギラスくらいなのでラプラス入りにはバンギラスはほぼ確定で選出していました。技の性能からダイマックスを使ってくることが多いのでバンギラスロズレイドダイマックスをいなしてから一方的にダイマックスを切って対応することが多かったです。ロズレイドがいないときはバンギラスダイマックスを切ってダイロック連打で押し切ります。じゃくてんほけんだと負けますが考えても無駄な時は考慮せず動きます。

 

f:id:HikawaKate:20200602202632p:plainアシレーヌ

ロズレイドの役割対象。対面性能が高いので初手率が高く、持ち物はチョッキ、タスキ、珠の順で多かったイメージです。ムーンフォースや水技に繰り出しリーフストームなどの高火力を押し付けていきます。相手がSに振っていると抜かれてしまいますが、耐久無振りアシレーヌダイマックスしてもリーフストームを耐えられません。

 

f:id:HikawaKate:20200602202623p:plainバンギラス

いうほど当たりませんでしたがドサイドンがいれば楽でした。ロズレイドでもリーフストーム一撃で倒せます。割と格闘技搭載率が高いのでバンギラスのばかぢからで対応するのはお勧めしません。

 

f:id:HikawaKate:20200602202653p:plainリザードン

ダイジェットしてくる型でもバンギラスダイマックスを要せず突破できます。

ギャラドスのダイロックでも楽に倒せるので特に厳しい印象はなかったです。

 

f:id:HikawaKate:20200602202724p:plainカバルドン

バンギラスによく後投げしてきます。あくび連打してくる型もしぜんかいふくのロズレイドなら恐れず殴っていけます。ただ後ろには大体積みアタッカーが控えているので起点にされて壊滅にされないよう注意です。

 

f:id:HikawaKate:20200602202747p:plainエースバーン

ギャラドスドサイドンなら後出しからの処理が楽です。たまにいるタスキカウンターが怖いのでドサイドンは基本ロックブラストで対応します。

 

f:id:HikawaKate:20200602202347p:plainギルガルド

タスキ持たせるのやめろ。Sに振られるとかなり厳しくなります。先発は大体タスキ持ってるので接触技にギャラドスを繰り出してタスキを潰し、じしんで倒していきます。タスキ以外なら素早さは低いので、ロズレイドやジュラルドンで上から倒していきます。

 

f:id:HikawaKate:20200602202824p:plainパッチラゴン

ほとんど初手ダイジェットしてきます。いのちのたまじゃなかったらだいたい保険と思っといたほうがいいです。ダイジェットが多いおかげでジュラルドンの繰り出しからダイドラグーンが決まりやすいです。ダイマックスが切れた後は舐めて燕返しが来やすいので実はロズレイドでも勝てます。

 

f:id:HikawaKate:20200602202858p:plainサザンドラ

あまり見かけませんでしたがいざいるとなかなか厄介でした、ニンフィアがいれば楽ですが無理なようならバンギラスのばかぢからで対応します。ロズレイドで対面した場合はだいもんじ程度なら耐えるので居座ってマジカルシャインで倒すことも可能です。

先発でスカーフとんぼしてくる奴の裏にギルガルドがいることが多いので強気に交代読みして控えをぶっ飛ばしましょう。

 

f:id:HikawaKate:20200602202104p:plainホルード

厄介な火力ウサギ。タスキが多いがたまに保険や珠持ちがいます。出るなら先発が多いのでギャラドスを出しておきたいです。シーズン後半になるにつれて雷パンチ持ちが減ってじたばた持ちが増えた印象。仮に持っていてもいかく込みなら耐えますし、素直にギャラドスでアクアテールしとけば相打ちにはしやすかったです。

 

f:id:HikawaKate:20200602202338p:plainルカリオ

タスキが多くせいしんりょくでいかくが効かない論者殺し。まともに戦えるのがギャラドスロズレイドしかいないので相当厳しいです。かみなりパンチ持ちが多いですがB振りギャラドスなら一応耐えられるので1対1ならなんとかなります。せっかくかみなりパンチ耐えたのにシュカのみ持ってて負けたときはスイッチ投げたくなりました。

 

f:id:HikawaKate:20200602202931p:plainガオガエン

サイクル構築で多い印象。チョッキ持ってるかおにび持ちが多かったです。

ロズレイドと対面したときは交代読みでとんぼかおにびが来がちなので居座って攻撃することも多かったです。素早さに振る個体は少ないのでギャラドスやジュラルドンで上から倒す流れが多かったです。

 

まとめ

ダイマックスの登場により明確な相性関係が反転することがあったりして環境的には逆風な役割論理を使うトレーナーは目に見えて減少しており、論理動画を上げている自分としてはなんとしてもいい結果を出して布教に努めたいと意気込んだ今期。最終日前日に3桁順位に乗ることに成功し、最終日にもっと上げようとして負けが込み最終順位は2000代とお世辞にも高いとは言えない結果に終わってしまいました。しかし最終日時点で851位という自己ベストを更新できてよかったと思います。この結果で少しでも多くの論者の希望となれば幸いだし、役割論理を知らない人にも興味を持ってもらえたら嬉しいです。このパーティの紹介動画もYoutubeで今後上げていこうと思いますので、でき次第ここにもリンクを貼らせていただきますね。